アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎やくしゃみ、鼻みず、鼻づまりの症状や乾燥での肌のかゆみや皮膚炎など様々な症状を改善してくれます。そんなアレグラが病院に行かなくても通販で簡単に購入できるんです!

アレルギーで涙が出るならアレグラ!乳幼児は使用可?

アレルギーとは体内に異物が侵入し、それを排除するために起こる体の様々な症状のことをいいます。花粉が原因となって起こる花粉症、ダニやほこりが原因となるハウスダストアレルギー、アトピー性皮膚炎などが代表的なアレルギー疾患として挙げられます。そして涙が出たり充血したりといった目に症状が出るアレルギー性結膜炎もアレルギー性疾患の1つです。ここではアレルギー性結膜炎の症状が起こるメカニズムについて説明します。
まず目の表面に花粉やハウスダストなどのアレルゲンが侵入すると、肥満細胞が刺激され、ヒスタミンというケミカルメディエーターが遊離されます。このヒスタミンは神経線維に存在するヒスタミン受容体に結合し、目のかゆみを引き起こします。また血管にもヒスタミン受容体が存在し、そこにヒスタミンが結合すると血管が拡張します。これによって目が充血するようになります。また血管拡張によって涙液の産生量が多くなるため、涙が多く出るようになります。
このようにして、アレルギー性結膜炎では、目のかゆみ、充血、涙といった症状が現れます。こういった症状に対してはアレグラが有効な治療薬となります。アレグラは代表的アレルギー疾患治療薬で、抗ヒスタミン剤です。つまりヒスタミン受容体に結合して、ヒスタミンが結合できないようにし、ヒスタミンの作用を弱める働きを示し、結果としてアレルギー症状を改善、予防します。抗ヒスタミン剤には沢山の種類が存在しますが、アレグラは眠気、ふらつき、集中力の低下、口渇といった抗ヒスタミン剤の特徴的副作用が最も起こりにくい薬であり、それゆえに多くの患者さんに愛用されています。他の抗ヒスタミン剤を使用して、こういった副作用にい悩まされたことのある方はぜひアレグラを使用してみてください。